YTTアシスタント体験記〜クリパルヨガとの出会い編〜

  • 2017.06.05 Monday
  • 14:24

JUGEMテーマ:YOGA

すっかりと

時間だけが過ぎてしまい

リアルな体験とは少し離れてしまう

かもしれないけれど

クリパルヨガ教師トレーニングの

アシスタントをして

起きた気づきを書いておこうと思います。

が、その前にクリパルヨガとの出会いを

記しておいた方が

私の想いが伝わりやすいかなと思うので

そこから触れていきますね。

 

クリパルヨガを始めたのは

いまから約10年以上前のこと。

 

もともとスピリチュアルな

世界に興味があったり

声楽を学んでいた時に

先生が西野流呼吸法

(由美かおるさんがやっている流派)

を取り入れていたので発声練習の前に

呼吸法や「気」というものを

大切にしていました。

10代の私には神秘的で

素晴らしいものに触れている感覚が強く

楽しかったのを覚えています。

 

そんな下地もありながら

当時体を動かす仕事がしたいと

新聞の求人広告に載っていた

未経験OKの近所のホットヨガに

応募しオーディションを受け

インストラクターを始めていました。

 

その会社のプログラムを与えられるので

体が動けて(ダンスの人が多かったです)

痩せていれば(私は痩せろと言われました💦)

誰でも人前で誘導できるようになるという

画期的なシステムでした。

ある意味未経験の私が

たくさん場数を踏める機会を得たので

有り難かったですし、

あの経験があったから

今の私があるのですけれど

それまでヨガの経験なんてない私が

ヨガのインストラクターとして

前に立っているということに

違和感を感じ始め

転々とヨガスタジオに

足を運びだしたのです。

 

なかなか好みのスタイルに出会えずにいた頃

お友達と食事をした帰りに

たまたま見つけたのが

当時渋谷にあった

最初のクリパルヨガスタジオ

でした(後に2回お引越し)。

実はネットでスタジオ探しをしていた際に

何度か見ていた場所だったのですが

若かった私には

少々敷居が高そうな雰囲気のHP

だったのとやや暗い印象を受けたので

合わないかなと

スルーしていた所だったのです(笑)。

 

でも、そのお食事の帰りに入り口にあった

パンフレットを持ち帰り調べると

「あ!あのスルーしていたスタジオだ!!」と、その運命のようなものに導かれるまま

オーナーであるToshiさん(三浦徒志郎)

のクラスを予約したのでした。

 

初めてスタジオに入った際受付にいた

Toshiさんに

「初めまして。予約をした今村です。」

といった瞬間「私この人に習いたい!」と

直感で思ったんです。

 

当時はまだ小さなスタジオでしたが

今では考えられない

2人くらいしか生徒のいない

贅沢な時間のなかクラスを受けながら

ここに通うことを決めていたのでした。

それまでいかに魅せるかが大切だと

教えられてきた世界から

「自由に自分自身を探求する」

というスタイルが

私には目からウロコ。


うまくやるとか綺麗にポーズをとるとか

できるできないっていうジャッジではなく

私がいかに私らしくいられるか

ほんの数十分の体験の中でいままでの

窮屈さから解放されたような

感覚になったのを覚えています。

クリパルヨガも

土台づくりは大切にしていますが

当時はもっと

プラーナ(エネルギー)体験が強かったので

自由に動いていく要素が今以上に

たくさんあったように思います。

そこにすっぽりとはまり

足繁く通う

熱心な生徒になっていくのでした。

 

 

 

つづく

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM